スロートレーニングとは?

スロートレーニングのポイントとしてその名のとおり、ゆっくりと動作し筋肉を緊張させ続けることによって、全身に酸素を運ぶ血流を制限します。

これにより筋肉への酸素の供給が不足し、無酸素で働く速筋が運動に使われ、激しい運動をした時と同じように筋肉に代謝物である乳酸をためることができます。

筋肉は、たまった乳酸の濃度を下げるために周囲の水分を吸収してパンプアップという状態になります。

この現象は通常、激しいトレーニングで起きますがこれを比較的軽い負荷で手軽に達成できるのがスロートレーニングの最大のメリットです。

要は、しっかりとパンプアップして、カラダのデザインを変えていきましょう、ということです。

この写真は、このサイトで紹介しているスロートレーニングを実践した直後の、パンプアップした状態のものです。

Baidu IME_2013-9-10_20-39-301

スロートレーニングは、割と軽い負荷ですので器具を揃えたり、ジムに通ったりする必要がなく、自宅でも簡単にできます。

ですので重い負荷を扱う筋トレよりも安全で、筋肉や腱を痛める危険性も圧倒的に低くなります。

普段カラダをあまり動かしていなかった方はスロートレーニングから始めましょう!

LINEで送る
Pocket

100以上の中からNO.1を決定!全部飲んでランキングにしました

1IMG_5093>>ダイエットサプリの比較・ランキング記事を見てみる

テレビCMで話題!新発売のダイエットサプリ♪

>>実際に飲んだレビュー記事はこちら

体力アップとダイエットもできるラクトフェリンサプリ!

>>ラクトフェリンサプリのランキングを見てみる

PR

(この画像はタップできません)