夕食は何時までに済ませた方がダイエットに効果的?

この記事では、夕食を何時までに済ませればダイエットや健康面においてもっとも理想的なのか解説していきたいと思います。夕食時間が早すぎても夜中お腹すきますし、逆に遅すぎたら肥満の原因にもなるとも言われるため困惑してしまいますよね。

メンズ博士
ずばりこの悩みをいち早く解決し、より健康的にダイエットしましょう!という事で、早速夕食に最適な時間についてお話ししていきますね。

夕食は何時までというよりも『就寝3時間前』に済ませた方が良い

夕食を摂る時間次第では肥満へと直結してしまいます。よく寝る前に食べると太ると聞きますが、これ本当なんです。食後というのは血糖値が上がりやすく、脂肪を取り込みやすいタイミングです。

さらに夜は昼間よりも活動が少ないため、睡眠中は特に脂肪を取り込みやすいんですね。これらの要因があるために、夕食を何時までに摂るかという点において『就寝から夕食の消化時間を逆算して食事を摂る』ことをお勧めします。

食べ物の消化が終わるのは食後遅くとも3時間かかるため、例えば下記のタイミングで摂るといいですね。

  • 22時就寝の場合:午後7時までに済ませる
  • 23時就寝の場合:午後8時までに済ませる
  • 0時就寝の場合:午後9時までに済ませる
  • 1時就寝の場合:午後10時までに済ませる

私もなるべく就寝時間を意識して夕食時間を決めていますが、必ず就寝時間3時間前に済ませるようにしています。この時間できちんと消化されていることにより、体重が増えることなく、日によっては軽くなる日もあるんですね。

何よりも一番大事なのは食事の量や質

メンズ博士
先ほどの夕食時間はあくまでも肥満を防止する上でのお話しです。もし少しでもダイエットをしたいという場合は、夕食のご飯の量を減らしたり栄養の整った食生活を心がける事で無理なく自然と減量できます。

夜は日中よりも活動する機会が少ないため、そもそも多くのカロリーを必要としていません。ですので多少量を減らしても体に特に影響は出ないんですね。そのため夕食でのカロリーを抑える事で体に無理をさせることなく徐々に痩せて体を細くしていくことができます。

夕食が遅く就寝時間も遅い場合は低カロリーで栄養の整った食べ物を心がけよう

仕事の都合でどうしても夕食が遅くなり、就寝時間少し前に済ませるという方もいるかと思います。これは冒頭にもありましたように肥満の原因になるためできれば避けたいことろですが、どうしても夕食が遅くなる場合は、置き換え食品を選ぶというのも一つの手です。

置き換え食品の中にはカロリーが低く栄養面も充実していてお腹持ちの良い食品もあるため、夕食時間が遅くても肥満を気にせずしっかりと栄養補給できるタイプもあります。私自身最近置き換えを始め、夕食を専用のダイエットシェイクに置き換えましたが肥満防止というよりも減量に効果があると実感しています。

この記事のまとめ

メンズ博士
ダイエットにおいて夕食は何時に摂ればより効果的なのかという点について、主にお話ししました。この時間については就寝時間次第という事もあるため具体的にこの時間が良いですとは明言できませんが、少なくとも寝る3時間前に済ませるようにしたいですね。

そして仕事や何かしらの理由があってどうしても夕食が遅くなるという場合は、先ほどにもあった置き換え食もおすすめです。私が飲んでいるダイエットシェイクは美容成分や栄養も多く入っており減量にも効果的ですので、無理なくダイエットしたいという場合は最適ですよ。

>>夕食の置き換えに便利なダイエットシェイクのレビュー記事を読んでみる

置き換えダイエットシェイクランキング画像1
>>比較・ランキング記事を見てみる

LINEで送る
Pocket

100以上の中からNO.1を決定!全部飲んでランキングにしました

1IMG_5093>>ダイエットサプリの比較・ランキング記事を見てみる

テレビCMで話題!新発売のダイエットサプリ♪

>>実際に飲んだレビュー記事はこちら

体力アップとダイエットもできるラクトフェリンサプリ!

>>ラクトフェリンサプリのランキングを見てみる

PR

(この画像はタップできません)