【簡単お手軽】家にあるもので筋トレしよう!

家にあるもので筋トレ…探せばいくらでもトレーニングに使えるアイテムは転がっていたりします。例えば、ペットボトルや椅子など。1.5~2L容量のペットボトルを2つ用意し、水を入れれば鉄アレイやダンベル代わりになりますし、水の量で重さの調整ができるので便利。

普通に腰掛ける椅子さえも、結構本格的に体を鍛えるアイテムになったりします。具体的な筋トレ方法は割愛しますが、自宅で筋トレする際に参考にしてみてくださいね。

家にあるもので筋トレ、ペットボトル

鉄アレイやダンベルがあると、トレーニングする際は便利ですが、処分に困ってしまうことも…購入を考えても決して高いものではないのですが、トレーニングが続くかも微妙…そんな時こそペットボトルで手軽に腕全般を鍛えちゃいましょう。

実際私は何度か鉄アレイを使用してトレーニングしていましたが、今はもう何ヶ月も使用しないままで放置しています(笑)。

sIMG_4559

そこで重さを調節できるペットボトルの登場。自分に合った重さでトレーニングできますし、とっても経済的ですよね。

sIMG_4815

 

使用しているペットボトルは重量1kg程度のもので、簡単に上げ下げできますし、女性にも簡単に取り組めますね。

sIMG_4814

写真のように椅子に腰掛けて行うと、腰の負担を軽減でき、ストレスなく筋力トレーニングすることができます。

では、次は椅子を使用した筋トレ方法をご紹介します。しっかりと手を固定できる椅子であれば問題ありません。

家にあるもので筋トレ、椅子を使用

随分と長く眠っていた、学習机専用の椅子です。確か小学生の頃に父に購入してもらったものですが、まさかこんなところで活躍するとは(笑)。

sIMG_4813

この椅子を使用して、腕立て伏せや腹筋トレーニングをすることができます。ご自分の家庭でも使える椅子はあるかと思いますが、先ほど言いましたように、「手をしっかり固定できるもの」が良いと思います。手を固定できないと滑ってしまい、怪我につながる恐れもあるので注意してくださいね。

下の写真の体勢から、両足を上げ下げすることでお腹、特に「下っ腹」をピンポイントに鍛えることができます。

sIMG_4820

 

このように両手をがっちりと固定した状態で、両足を上げるだけです。

sIMG_4818

腰や背中にかかってくる負担が軽くなるので、体を痛めるリスクを軽減でき、体力に自信のない方でも安心して取り組むことができますよね。また、腹筋だけではなく腕立て伏せもできます。

sIMG_4817

椅子の「座る部分両端」を、しっかりと掴み、体を一直線にして腕の上げ下げを行います。手が固定されていることで正しい姿勢でトレーニングすることができ、体を痛める心配もありません。

今回はペットボトルや椅子などを使用した筋トレ方法をご紹介しましたが、きっと他にも筋トレで使えるアイテムは転がっていると思います。ただし、無理のないようにトレーニングしましょうね。

 

LINEで送る
Pocket

100以上の中からNO.1を決定!全部飲んでランキングにしました

1IMG_5093>>ダイエットサプリの比較・ランキング記事を見てみる

テレビCMで話題!新発売のダイエットサプリ♪

>>実際に飲んだレビュー記事はこちら

体力アップとダイエットもできるラクトフェリンサプリ!

>>ラクトフェリンサプリのランキングを見てみる

PR

(この画像はタップできません)