筋トレマシンを使用した筋トレメニュー下っ腹対策編

今回は筋トレマシンを使用して、レッグレイズという足の上げ下げによる腹筋運動方法をご紹介します。

この方法で鍛えることのできる体の部分は、主に下腹部、多くの方がお悩みの、下っ腹に効果的な方法ですので、ぜひ参考にしていただければと思います。

a0001_1009107

がっつり鍛えて、ブヨンブヨンのお腹を引き締めちゃいましょう!!。

写真付きで解説していきますが、マシンがあるのと無いのとでは、効率性や効果がまったく違ってきますので、じっくりとご覧いただければと思います。

今回使う筋トレマシンはコレです。

sIMG_4453

ネット通販でしたが、あまりの安さに即買いしちゃいました(笑)。

※このマシンの詳細は、記事最後で紹介しています。

あっ、それと、マシン無しでの下っ腹筋トレ方法についても紹介していますので、ご覧の際はサイト右下にあるカテゴリーの一番下、部位別かんたん筋トレメニューの上半身を鍛える筋トレというところをクリックすると記事が見れます。

※スマートフォンからご覧の場合は、一番下にある項目をクリックして、下にスクロールすると、ご覧になれます。

では、いきますね。

マシン専用筋トレメニュー、レッグレイズ

1.仰向けの姿勢で、両手でバーをしっかりと掴み、足はまっすぐ伸ばした状態からスタートします。

sIMG_4492

 

 

 

 

 

2.両足を上げていきますが、勢いよく上げるのではなく、2秒くらいかけて上げると、お腹に負荷が集中し、メッチャ効きます。

sIMG_4497

⇒〇

 

 

 

 

あんまり早く上げすぎると、スタミナが持ちませんし、腰や背中に負担がかかり、痛めてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

また、足が曲がった状態で上げ下げしても、単なる楽な方法に過ぎないので、効果が半減するので注意。

sIMG_4498

⇒×

 

 

 

 

これもダメな例です。

確実に体を痛めます。

sIMG_4499

⇒×

 

 

 

 

3.今度は下げていきます。

ここで大事なのは、足を下に着けずに、体が一直線になるくらいまでに留めておきます。

足が着くと、体を休めてしまい、お腹にかかっている負荷が抜けてしまうからです。

筋肉を付けるため、引き締めるためには、しっかりと体に負荷をかけることが大前提となりますので、コレは覚えておきたい部分です。

sIMG_4500

 

 

 

 

 

4.再度上げていきます。

sIMG_4497

 

 

 

 

 

先程も言いましたが、負荷をかかるために2秒かけて上げましょう。

単純に、この上げ下げの繰り返しです。

この上げ下げ運動を慣れるまでは5回くらい、慣れてきたら10回を1セットとして取り組みます。

自分の体力に合わせて、セット数は決めたほうが良いですね。

ちなみに、私は1セットでも十分です!。

翌日にはお腹がバッキバキの筋肉痛になるので、効果ありとみています。

最初に触れましたが、筋トレマシンを使用せずとも筋肉は付きますが、効率性を考えたら、やはりマシンを使うのも全然アリだと思います。

マシン無しでの場合、正しい体制を保つのが大変で、どうしてもお尻が浮きすぎたり、足が曲がったりするのでお腹に集中的に負荷がかかりにくいのです。

sIMG_4502

 

 

 

 

 

手も固定できないのでアンバランスですし。

ですので、本格的にお腹を鍛える、引き締めるために一番手っ取り早い方法が、筋トレマシンを使ったトレーニングと言えるでしょう。

結構、いい感じに割れてきました。

Baidu IME_2013-9-10_20-39-301

色が白過ぎますよね(笑)

今回使用した筋トレマシンについては以下のレビュー記事にて詳しく解説していますので、よろしければそちらもご一読いただけますと幸いです。

>>筋トレマシンのレビュー記事を読んでみる

LINEで送る
Pocket

100以上の中からNO.1を決定!全部飲んでランキングにしました

1IMG_5093>>ダイエットサプリの比較・ランキング記事を見てみる

テレビCMで話題!新発売のダイエットサプリ♪

>>実際に飲んだレビュー記事はこちら

体力アップとダイエットもできるラクトフェリンサプリ!

>>ラクトフェリンサプリのランキングを見てみる

PR

(この画像はタップできません)